「お知らせ」内を検索

「町税」の関連情報には13件のお知らせがあります。 * 情報が更新された順に並んでいます。
1
ふるさと内灘を応援してください!(ふるさと納税制度)
 
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2021年10月11日 10時39分
個人の町民税・県民税について(概要)
 個人の町民税は、地方公共団体が行政サービスを提供するために必要とする経費について、広く住民に負担を分担してもらうという性格の税です。「個人町民税」と「個人県民税」をあわせて「個人住民税」と呼ばれています。その年の1月1日現在、住所を有している市区町村で課税されます。
税務課-お知らせ-2021年9月27日 13時53分
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」について
≪手続きの簡素化≫
ふるさと納税による税の軽減を受けるためには、本来、確定申告又は個人住民税の申告を行う必要がありますが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくとも税の軽減を受けることができます。
特例制度の申請を希望される方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項をご記入の上、内灘町へご提出ください。
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2021年9月21日 15時35分
配偶者控除及び配偶者特別控除の改正について

 平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、次のとおり改正されました。平成30年分以後の所得に適用され、令和元(平成31)年度の住民税から反映されています。

税務課-お知らせ-2021年9月16日 17時23分
町民税・県民税の年金からの特別徴収(引き落とし)について
 老齢基礎年金等を受給されていて、町民税・県民税の納税義務がある65歳以上の方は、公的年金等の所得に係る税額を、老齢基礎年金等の年金給付の際に引き落として徴収(特別徴収)します。

税務課-お知らせ-2021年9月6日 17時17分
申請書等の押印手続の見直しについて
町民や事業者の方の負担を軽減し、行政事務の効率化を図るため、令和3年4月1日より、一部の書類について提出の際の押印が不要になります。 ※詳細は、書類提出の際に各担当部署にお尋ねください。
総務課-お知らせ-2021年4月1日 08時30分
寄附金の使い道
◇内灘町では、寄附された方の希望する事業へ寄附金を使わせていただきます。
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2020年8月6日 15時14分
寄附の方法
内灘町「ふるさと応援寄附金」は次の4つの方法で、ご寄附していただけます。
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2017年10月7日 14時15分
税制度上の優遇措置について
【税制度上の優遇措置】 地方公共団体等に対して寄附された場合、個人住民税及び所得税の優遇措置を受けることができます。個人の方が地方公共団体に対し、年間で2,000円を超える寄附をされた場合、年間寄附金額から2,000円を差し引いた額が、個人住民税や所得税から一定の限度まで控除されます。
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2017年6月5日 14時18分
各種証明書請求時における本人確認について
住民票・戸籍・税務証明等の請求時には身分証明の提示が必要となります。
住民課-お知らせ-2017年2月23日 15時01分
寄附金のお礼(特産品)
1万円以上ご寄附いただいた方に、感謝の気持ちを込めて内灘町の特産品等をお贈りいたします。お申し込みの際にお選びください。商品は、商品取扱事業者より発送いたします。 ご不明な点は、企画課までお問い合わせください。
ふるさと寄附金担当(企画課)-お知らせ-2016年6月23日 15時07分
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について
マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
総務課-お知らせ-2015年11月2日 10時14分
税制度上の優遇措置について
【税制度上の優遇措置】 地方公共団体等に対して寄附された場合、個人住民税及び所得税の優遇措置を受けることができます。個人の方が地方公共団体に対し、年間で2,000円を超える寄附をされた場合、年間寄附金額から2,000円を差し引いた額が、個人住民税や所得税から一定の限度まで控除されます。
企画課-お知らせ-2015年5月14日 17時34分
1