内灘町 UCHINADA TOWN
現在の位置:ホーム > 手続き・申請・業務案内 > 平成29年度 地域少子化対策重点推進交付金の活用について


最終更新日時 2017年9月14日(木曜日) 10時28分コンテンツID 4-2-8813-10546

平成29年度 地域少子化対策重点推進交付金の活用について

情報の発信元 子育て支援課  行政棟1階

プレミアム・パスポート対象世帯拡大事業

内灘町では、国の「平成29年度 地域少子化対策重点推進交付金」を活用し、以下の事業計画に基づき、事業を実施しています。

■事業名■

プレミアム・パスポート対象世帯拡大事業

■実施期間■

平成29年4月1日〜平成30年3月31日

■地域の実情と課題■

 当町は、金沢市近郊の閑静な住宅都市として発展を遂げ、人口も増加してきました。
 近年の人口減少・少子高齢化社会の流れの中、町は、子ども医療費の負担軽減、ひとり親家庭への援助、保育サービスの充実、妊娠期から子育て期の切れ目ない健康づくりの推進等を実施し、子育て世帯への負担軽減を図り、人口増加に繋がる施策を展開してきました。
 第5次内灘町総合計画において平成37年度の目標人口を27千人としており、出生率の向上や、人口維持のため、子育てに対する不安や負担の解消・軽減、支援の充実、児童福祉施設や遊具の充実など生活環境の整備等の更なる強化が望まれております。
子育てに温かい社会づくり・機運の醸成を図ることを目的として、当町ではH18年度より18歳未満の子どもが3人以上いる世帯に対してパスポートを発行するプレミアム・パスポート事業を実施してきたところであり、協賛店舗数22件、登録世帯数433件(H28.11.30)と着実に効果をあげてきているところです。今後は対象世帯を3子以上から2子世帯に拡大して多子世帯の経済的負担の軽減を図る本事業の趣旨に賛同し、社会全体で子育てを支援する機運の醸成を図ります。

■内灘町における少子化対策の全体像及びその中での本事業の位置づけ■

 当町は、子育て世帯への経済的負担の軽減のため、各種施策を実施しており、各協賛企業を利用する際に利用料が割引される本事業は、負担の軽減事業の一つと考えております。また、企業が協賛することにより、企業の子育て支援参画へのきっかけづくりとなり、子育てに温かい社会づくり・機運の醸成になると考えております。

■事業内容■

 プレミアム・パスポート事業とは、子育てを社会全体で支えることを目的に、妊娠中の子どもを含めて3人以上(平成29年度より2人以上を予定)のお子さんをお持ちの石川県内のご家庭を協賛企業が支援する制度です。プレミアム・パスポートを協賛企業の店舗等で提示すると、割引きなどの特典が受けられます。このことから、子育て世帯の経済的不安の解消及び、企業の子育て支援参画へのきっかけ作りにもなっております。
本事業は、地方創生の考えに基づき、人口の自然減対策をさらに進めていく観点から、協賛企業の一層の協力を得て、交付対象世帯を、子ども3人以上世帯から2子世帯に拡大し、経済的負担の軽減を図ることにより、第2子を持つことの後押しをさらに進めるものです。
また、次年度以降に向けた事業の方向性として、引き続き利用者からの申請が滞りなくいくよう、対象者(子2人世帯)へ事業や申請方法にかかる周知や窓口対応を行うなど、次年度以降の自律的な発展に繋げていきます。

内灘町における当事業に係る所要見込額・・・600千円

[関連リンク]
プレミアム・パスポートについて(子育てにやさしい企業推進協議会HP)

[情報発信元]
子育て支援課  行政棟1階
電話番号 076-286-6726    ファックス 076-286-6704
メールアドレス kosodatesien@town.uchinada.lg.jp