ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化スポーツ課 > 町指定文化財(把手付鉢)

町指定文化財(把手付鉢)

ページID:0001461 更新日:2021年11月8日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

本文

考古

把手付鉢(とってつきばち)

把手付鉢 紀元、3、4世紀ごろ、大陸との交易がさかんになるにつれ、大陸文化とその技術が我が国にも導入されてきた。
 今までの縄文式土器や弥生式土器とはちがい「かまど」が設けられ、硬度が高く、しかも精度のよいものがつくられるようになった。またこの地は、朝鮮半島よりの交易の要地でもあったらしく、須恵器とよばれる窯づくりの土器が多いゆえんでもある。
 この「把手付鉢」は8世紀ごろ(古墳時代後期)のものと見られ、把手のある点や、その形精製度からみても、県下では類例のない異形土器として珍重なものである。
 おそらく、他から持ち込まれたものであろうが、これが何のために使われたのか、これらのことを探るのは、歴史のうえからも興味深い。
【内灘町歴史民族資料館蔵】