ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 令和6年能登半島地震関連情報 > 災害廃棄物直接搬入の受入及び減免申請の手続きについて

本文

災害廃棄物直接搬入の受入及び減免申請の手続きについて

ページID:0002003 更新日:2024年1月19日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

減免申請の手続き

令和6年能登半島地震により内灘町内で被災し発生した災害ごみの河北郡市広域事務組合への直接搬入にかかる廃棄物処理施設使用料については、被災者からの申請に基づき、減免することができます。減免を受けるためには、下記の手続きを行い、減免の適用を受ける必要があります。

申請場所・日時

内灘町役場1階住民課
◇平日/午前8時30分~午後5時15分
※1月22日(月曜日)からは、蓮湖渚公園内調整池に災害廃棄物仮置場を開設しますので、そちらへ搬入してください(役場での減免申請手続不要)。詳しくは下記関連リンクをご確認ください。
災害廃棄物仮置場開設期間中は、指定廃棄物のみ、減免申請を受け付けています。

手続きに必要なもの

・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
・被害状況及び災害ごみが確認できる写真等(全体像、被害部分など複数枚必要)※携帯電話の写真可
(はんこは不要です。1月11日更新)

減免が適用されるまでの流れ

搬入日時、災害ごみの内容、使用車両を聞き取りします。聞き取り後、搬入に問題がなければ、廃棄物処理施設使用料減免申請書をお渡しします。廃棄物処理施設使用料減免申請書を持参の上、河北郡市広域事務組合に災害ごみを直接搬入してください(受付で提出してください)。河北郡市広域事務組合の開場日時は下記関連リンクをご確認ください。

注意事項

・もえるごみ、もえないごみ、粗大ごみ等に分別し搬入してください(リサイクル可能なものは搬入できません)。
・搬入できるごみ、搬入できないごみについては、必ず、下記関連リンクをご確認ください(搬入できるごみは、通常、町で収集できるごみです。ブロック塀やコンクリートがら、石膏ボード、灯篭などは処理困難物のため受入れできません。)
・解体や修繕など業者に依頼して発生した廃棄物は、災害を原因とした損傷であっても、「産業廃棄物」となり、減免申請書は交付できません(産業廃棄物として処分してください)。
・施設の管理上受け入れを中止する場合がありますのでご了承ください。

関連リンク

河北郡市広域事務組合<外部リンク>
災害廃棄物仮置場について