ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市建設課 > 建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について

建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について

ページID:0001752 更新日:2021年11月8日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

本文

ブロック塀の安全点検

コンクリートブロック塀や組積造の塀(石積み塀等)は建築基準法の基準を満たし、適切に設置する必要があります。鉄筋が入っていないもの、控え壁がないもの、時間の経過により劣化したものなどは地震時等に倒壊する恐れがあります。

過去の地震においても、ブロック塀等の倒壊により人的被害が発生しており、道路沿いにある塀が倒壊すると、通行の妨げになり、避難や救助にも支障が出ます。
ブロック塀等は所有者等の責任において管理されることが基本ですので、構造・耐久性・転倒防止対策を理解し、安全点検を行いましょう。
=ブロック塀の点検方法=
国土交通省のホームページにある「建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について」では、ブロック塀の点検方法等が紹介されているので参考にしてください。

[関連リンク]
建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について<外部リンク>
危険ブロック塀除却の補助制度について