ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 令和6年能登半島地震関連情報 > 【受入期間4月30日まで】災害廃棄物仮置場について

本文

【受入期間4月30日まで】災害廃棄物仮置場について

ページID:0015529 更新日:2024年3月16日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

災害廃棄物仮置場を開設しています

令和6年能登半島地震により内灘町内で発生し使えなくなった家財等の災害ごみを受け入れます。

開設場所

蓮湖渚公園内調整池(内灘町字大根布5丁目289番地4)

開設期間

期間:令和6年1月22日(月曜日)~令和6年4月30日(火曜日)(期間を延長しました)
時間:午前9時00分~午後3時00分
※土日祝日も開設します。ただし、4月は毎週水曜日を休場とします(施設休場日:4月3日、4月10日、4月17日、4月24日)。

※荒天時や搬入ごみ量が多い場合は、受入を中止する場合があります。
※5月1日以降、災害廃棄物については、河北郡市クリーンセンターへ搬入していただくことを予定していますので、災害廃棄物仮置場開設期間中の搬入にご協力をお願いします。
河北郡市クリーンセンターへの災害廃棄物の搬入については、事前に、住民課で施設使用料減免申請書の交付を受けてから搬入していただく必要があります。)

受け入れるごみ ※業者解体によるものは不可

必ず1から9に分別して搬入してください。
1.可燃粗大ごみ(木製・プラスチック製の家具、布団類、畳など)
2.家電リサイクル対象4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機)
3.ガラス・陶磁器くず
4.木くず(角材・柱材・板材)
5.コンクリート
6.瓦
7.壁材(スレート板、石膏ボード等)
8.金属類(金物、小型家電(乾電池、充電池、蛍光管、灯油は抜く))
9.土砂(できるだけ再利用をお願いします)

持ち込みできないごみ

次のものはお持ち帰りいただきます。
・一般ごみ、生ごみ、資源物(通常のごみ収集に出してください)
 資源物の例:古紙類、ペットボトル、空きガラスびん、空き缶・スプレー缶、
       容器包装プラスチック、乾電池、充電池、蛍光管
・災害ごみではないごみ
・産業廃棄物(業者による解体ごみを含む)
・プロパンガスボンベ、オートバイ、農耕具、農薬、劇薬、塗料、燃料油、消火器、タイヤ、チューブ、木かぶ、医療系廃棄物、自動車部品など
・その他、施設の管理上受入できないものがある場合があります

注意事項

・受付で搬入届出書兼宣誓書をご記入いただきます。搬入者の本人確認と災害ごみの発生場所確認をしています。必ず本人確認書類をお持ちください。
・災害により発生したものではないごみ(便乗ごみ)の受入はできません。

・持ち込んだごみは、係員にしたがい、ご自身で、決められた場所に分別して降ろしてください(ダンプアップ不可)。場内は一方通行ですので、仮置場配置図を参考に、下ろす順番を考慮して積載してください。
・小型家電等の乾電池、充電池は必ず取り外してから搬入してください(火災の原因になります)

蓮湖渚公園順路

蓮湖渚公園順路

仮置場配置図

仮置場配置図

関連資料

災害廃棄物仮置場設置のご案内 [PDFファイル/367KB]
災害廃棄物搬入届出書兼宣誓書 [PDFファイル/76KB]
※できるだけ事前に記入をお願いします。

関連リンク

地震の被害を受けた方へ お困りごとはボランティアがお手伝いします
災害廃棄物直接搬入の受入及び減免申請の手続きについて

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)